革 首輪 犬

二人に後に下っているようにと諭さとすような革 首輪 犬をしながら、革は身を屈めて、壁の隙間から覗いて見た。ほどなく再び頭を揚げると、革は扉ドアを二度か三度叩いたが、それは明かにそこで物音を立てるだけの目的でしたのであった。それと同じ目的で、鍵を扉ドアにあてて三四度ずうっと引き、その後で、それを不器用に錠の中へ挿し込み、出来るだけがちゃがちゃさせながらそれをまわした。扉ドアは革の手でゆっくりと内側へ開き、革は室内を覗き込んで何かを言った。すると弱々しい声が何かを答えた。どちら側からもただの一言こと以上はしゃべらなかったに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>