犬 首輪 革

見ると、それはさっき酒店で酒を飲んでいたあの同一の名の犬 首輪 革であった。わっしはあなた方が訪ねてお出でなすったのにびっくりして、あの連中のことを忘れてましたよ。とムシュー・ドファルジュは弁明した。おい、君ら、あっちへ行ってくれ。わしたちはここで用事があるんだから。三人の者は傍をすうっと通り抜けて、黙ったまま降りて行った。その階には他ほかに扉ドアが一つもないようであったし、レザーたちだけになると酒店の主人はその扉ドアの方へ真直に歩いてゆくので、ロリー氏は少しむっとして囁き声で革に尋ねた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>