革 犬 首輪

じゃ、君、扉ドアには錠を下してあるんですね?と革 犬 首輪は意外に思って言った。ええ。そうです。というのがムシュー・ドファルジュの厳しい返事であった。君はあの不仕合せな方かたをそんなに閉じこめておくのが必要だと思うのですね?わっしは鍵をかけておくのが必要だと思うんです。ムシュー・ドファルジュはロリー氏の耳のもっと近くで囁いて、ひどく革を蹙しかめた。どうしてです?どうしてですって!もし扉ドアが開あけっ放しになっていようものなら、あの人はあんなに永い間押しこめられて暮して来られたので、怖こわがって暴あばれてわれとわが身をずたずたに引き裂いて死んでしまうかどんな悪いことになるかわからないからでさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>