犬 革 首輪

ムシュー・ドファルジュの眼は編物をしている犬 革 首輪をじっと見守っていたが、その時、例の紳士がさっきの隅っこから進み出て、ちょっと一言ことお伺いしたいと言った。お安いことで。とムシュー・ドファルジュは言って、その紳士と一緒に戸口のところまで静かに歩を運んだ。二人の会談は極めて短かったが、また極めててきぱきしたものだった。ほとんど最初の一語で、ムシュー・ドファルジュははっとして非常に注意深く耳を傾けた。それが一分と続かないうちに、革は頷うなずいて出て行った。すると紳士は例の若い淑女を手招きして、その二人もまた出て行った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>