革 犬 首輪

今度は、三人の中の最後の者が、空からになった革 犬 首輪を飲む器うつわを下に置いて脣をぴちゃぴちゃ舐めながら、レザーの言うことを言い出した。ああ!それよりはもっと悪いんさ!ああいう可哀そうな畜生どもがしょっちゅう口にしてるのは苦にがい味ばかりなんだ。そして奴らはつらい暮しをしているんだよ、ジャーク。おれの言う通りだろ、ジャーク?お前の言う通りだよ、ジャーク。というのがムシュー・ドファルジュの返事であった。この三度目の洗礼名の交換が終った瞬間に、マダーム・ドファルジュは爪楊枝をやめて、眉毛をきっと上げ、レザーの座席で少しさらさら音をさせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>