犬 革 首輪

一体全体お前さんたちはそんな処で何をしてるんだい?と犬 革 首輪は心の中で言った。こちとらはお前さんたちなんか知らねえや。しかし、革はその二人の見知らぬ人には気がつかぬ風をして、勘定台のところで飲んでいる三人組の客と談話をし始めた。どうだね、ジャーク?とその三人の中の一人がムシュー・ドファルジュに言った。こぼれた葡萄酒はみんな飲んじまったかい?一滴しずくも残さずによ、ジャーク。とムシュー・ドファルジュは答えた。こんな風に洗礼名の交換がすんだ時、マダーム・ドファルジュは、爪楊枝で歯をほじくりながら、また一つ咳払いをし、また少し眉毛を揚げた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>