犬の首輪

で、一人の証人が呼び出されて、被告はその兵営と犬 首輪とのある町のある旅館の食堂に、誰か他の人間を待ちながら、ちょうどその必要な時刻にいた男に違いない、ということを鑑定させることになった。例の被告の弁護士はこの証人にいろいろ対質訊問をしていたが、この証人がその時より以外のどんな機会にも被告を見たことが一度もないということの他ほかには、何一つ得るところがなかった。この時、これまでずっと犬 首輪の天井を眺めていた例の仮髪かつらの紳士が、小さな紙片に一二語書いて、それを捻ひねって、その弁護士に投げてやった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>